【日大通信】交通論 2019-2022 レポート・スクーリング

交通論
著者名等 山上 徹

「交通論」は人・物・情報の場所的移動をいかにして経済的に克服するかを研究する学問です。

交通の基礎的な理論をはじめ、歴史的な発達状況や現代的な諸問題についてや、陸海空の多様な交通手段についての機能上、長所・短所を学び、「場所的距離の移転」という交通サービスに関する基本的な知識の修得を目指します。

レポート:

課題1:今までは「物流=コスト」という考えがあったが、近年ではロジスティクスの重要性が認められてきている。ロジスティクス戦略を用いて成功している企業を事例に論じよ

〈参考文献〉

  • 『アマゾン,ニトリ,ZARA‥・すごい物流戦略』角井亮一(PHP ビジネス新書, 2018 年)

参考にしたサイト:

東洋経済オンライン角居亮一の記事

コンサルタント・角井亮一氏が提唱する、ECや人手不足で激動する業界における「戦略物流」の必要性

https://gemba-pi.jp/post-184639

レポート2:

アライアンスについて今後どのように航空業界が変化していくのか論じよ

FreeBird アライアンス一覧

航空会社の「アライアンス」とは? 誕生の経緯とその目指すところ

バフェットが米航空株をすべて売却、「私のミスだった」

スクーリング:

夏期スクーリング※

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる