【日大通信】S32100 商業史

教材コード 000555 『イギリス帝国の歴史─アジアから考える─』
著 者 名 : 秋田 茂 出版社 : 中央公論新社
ISBN 9784121021670

参考文献

  • 平田雅博『イギリス帝国と世界システム』 (晃洋書房,2000 年)
  • アンドリュー・ポーター(福井憲彦訳)『帝国主義』(岩波書店,2006 年)
  • 秋田茂・ 木村和男・佐々木雄太・北川勝彦・木畑洋一編『イギリス帝国と 20 世紀』(全 5 巻,ミネルヴァ書房,2004 ∼ 2009 年)
  • 古代から近世までの商業史については,谷澤毅『世界流通史』 (昭和堂,2017 年)が参考になる。

◆教材の概要

本教材は,序章「現代アジアの経済的再興とイギリス帝国」,第 1 章「環大西洋世界と東インド─長期の 18 世紀」,第 2 章「自由貿易帝国とパクス・ブリタニカ」,第 3 章「脱植民地化とコモンウェルス」,終章「グ ローバルヒストリーとイギリス帝国」からなっている。本教材の前半では,現代インドの経済発展と現代イ ギリスの金融自由化を概観した上で,イギリスがアイルランドから大西洋世界へ進出した 17 世紀前半以降 のイギリス帝国史を分析し,「長期の 18 世紀」を経て,19 世紀中葉の自由貿易帝国主義時代に至るまでの 過程を考察している。本教材の後半では,19 世紀中葉以降のジェントルマン資本主義の発展と多角的決済 機構の成立,そして 19 世紀第 4・4 半期以降のアフリカ分割とチェンバレン関税改革構想の敗北,さらには 第一次・第二次世界大戦と並行して進展した脱植民地化の過程を考察している。

2020 教材要網より

◆学修到達目標

現代世界のグローバルな資本主義世界経済を確立したイギリスの商業的役割について理解し,イギリス帝 国と資本主義世界経済の歴史的変遷を説明できるようになることを目的とする。

2020 教材要網より

◆学修方法・留意点

本教材を学習する手順としては,序章からノートを作成しながら読み進めるしかないが,世界史の知識が ある程度必要となるので,世界史辞(事)典や百科事典を適宜活用すると良い。

2020 教材要網より

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる