【日大通信】税法

税法学原論 著・北野弘久
出版 勁草書房
ISBN 9784326403745

参考文献

  • 『日本税制の総点検』北野弘久・谷山活雄編(勁草書房)
  • 『納税者の権利』(岩波新書)北野弘久著(岩波書店) ※
  • 『納税者基本権利の展開・現代法学者著作選集』北野弘久著(三省堂)
  • 『現代税法の構造』北野弘久著(勁草書房) ※
  • 『サラリーマン税金訴訟』北野弘久著(税務経理協会)
  • 『税理士制度の研究・増補版』北野弘久著(税務経理協会)
  • 『5%消費税のここが問題だ』北野弘久著(岩波ブックレット)
  • 『質問検査権の法理』北野弘久著(成文堂)など

◆教材の概要

税法学の基礎理論を具体的諸問題を素材として解明する。これによって,各人が租税問題に法的にアプロー チする手法を理解してほしい。税法学という学問はどういう学問か,またどうあるべきか,に力点をおいて いる。税法学の特質,方法にかなりのペースを充て,税法学の基本原理を具体的に展開している。

2020 学修要綱より

◆学修到達目標

我々が生活する上で切っても切り離せないのが税です。税法に関する具体的問題を考えながら,税法の基 礎理論の修得を目指す。

2020 学修要綱より

◆学修方法・留意点

日本国憲法についての学修が大切,日本国憲法は租税国家(財政収入のほとんどを租税に依存する体制) を前提。その使途面を含む租税のあり方はすべての憲法の理念に適合するものでなければならない。その意 味でも憲法典を参照にしながら学修を深めてください。

2020 学修要綱より

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる