【日大通信】R31800 金融論

目次

通信教育

教材コード 000540 通材・金融論
著・谷川 考美

参考文献

  • 『ベーシック+(プラス)金融論』家森信善(中央経済社)
  • 『日本の金融制度』鹿野嘉昭(東洋経済新報社)
  • 『現代の金融入門【新版】』池尾和人(筑摩書房)
  • 『ベーシック+(プラス)金融政策』小林照義(中央経済社)
  • 『日本銀行の機能と業務』日本銀行金融研究所編(有斐閣) (日本銀行ホームページ http://www.imes.boj.or.jp/japanese/pf.html に同じものがあります)

◆教材の概要

金融とは,資金を必要としている経済主体(個人,企業,政府など)がその資金を調達することであり, 資金に余裕がある経済主体がその資金を運用することである。教材は,この金融に関連する基本的な事柄や 理論について平易な解説を試みたものである。その構成は,貨幣,資金の調達運用に関連する金利,金融取 引において問題となる情報の非対称性,基本的な金融理論,中央銀行である日本銀行を中心とした日本の金 融制度および日本の金融市場や金融機関からなっている。

2020 教材要綱

◆学修到達目標

最近では,非伝統的金融政策とその影響が話題になっている。また,日々の生活では貨幣などをもちいて 決済し,貯蓄,投資,借入などの金融取引をおこなっている。これらをふまえ以下のことを目標とする。

1.貨幣の定義や金利の決定など,金融に関する基本的な事柄を学び,説明できる。

2.日本の金融システムにおける特徴や歴史の概略を学び,説明できる。

3.中央銀行である日本銀行の機能や役割を理解し,説明できる。

4.金融政策について理論的な背景を含めて考察し,説明できる。

2020 教材要綱

◆学修方法・留意点

金融理論の基礎をより良く理解するためには,経済学とくにマクロ経済学の基礎が重要となる。不安があ る場合には,それらについて自ら確認することが大切である。

また,金融制度やデータなどは変化しているので,学修の際には,参考文献等で最新のものを確認すると 良いであろう。

2020 教材要綱

スクーリング

スクーリングの評判(楽天みんなのキャンパス)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる